Home Researches CG Gallery Publications Education Members History Contact & Links [English] [Sitemap]

 

Education(教育活動)

 

スタッフの担当講義は,以下の通りです.

教 授 後藤 仁志
    大学院 流砂水理学,
        Coastal Wave Dynamics(海岸波動論,英語講義),
        Computational Fluid Dynamics(数値流体力学,英語講義),
        水域社会基盤学,
        社会基盤工学総合セミナーA,B
    学 部 物理学基礎論A(全学共通科目),
        水理学及び演習,
        海岸工学,
        水辺の環境(全学共通科目・ポケットゼミ),
        地球工学総論(少人数ゼミ),
        Hydraulics and Exercises(G30国際コース,英語講義),
        Coastal Engineering(G30国際コース,英語講義)
        

准教授 原田 英治
    大学院 流砂水理学,
        Coastal Wave Dynamics(海岸波動論,英語講義),
        水域社会基盤学,
        社会基盤工学総合セミナーA,B
    学 部 地球工学基礎数理,
        水理学及び演習,
        海岸工学,
        水理実験,
        地球工学総論(少人数ゼミ),
        Coastal Engineering(G30国際コース,英語講義),
        Experiments on Hydraulics(G30国際コース,英語講義)
        

助 教 五十里 洋行
    大学院 Coastal Wave Dynamics(海岸波動論,英語講義),
    学 部 情報基礎演習,
        海岸工学,
        水理実験,
        地球工学総論(少人数ゼミ),
        Coastal Engineering(G30国際コース,英語講義),
        Experiments on Hydraulics(G30国際コース,英語講義)

大学院教育では,「流砂水理学」,「Coastal Wave Dynamics」の2科目を科目責任講座として運営しています.学部教育では,水工系(水理・水文)科目(水理学及び演習(2学年後期配当),海岸工学(3学年前期配当),水工水理学(3学年前期配当),水理実験(3学年前期配当),水文学基礎(3学年前期配当配当),河川工学(3学年後期配当),水資源工学(3学年後期配当))計7科目の内,2科目の運営に対して当研究室の教員が主導的に貢献しています.

 

スタッフの著書には以下のものがあります.

Computational Wave Dynamics by Hitoshi Gotoh, Akio Okayasu and Yasunori Watanabe
:大学院講義・Coastal Wave Dynamicsのテキスト

cwd-cover

土木学会海岸工学委員会・数値波動水槽研究小委員会編
(編集代表:後藤仁志) 数値波動水槽,土木学会

数値波動

後藤仁志著 数値流砂水理学 森北出版
:大学院講義・流砂水理学のテキスト

CMST

名誉教授・酒井哲郎先生著 海岸工学入門 森北出版(絶版)
:学部講義・海岸環境工学の旧テキスト

CoastalEng

 

修士論文(2007年度以降)

・2012年度(2013年3月修了)
 内屋雅人  大阪駅浸水時の避難シミュレーション
 後藤敦志  高精度粒子法によるストリーム型魚道解析
 野々田浩敏 防波堤の津波被災時におけるケーソン目地の影響評価のための数値解析
 山形 佑  祇園祭宵山の群集流動の大規模計算
 吉藤尚生  粒子法対話型シミュレータの開発に関する基礎的検討

・2011年度(2012年3月修了)
 新井智之  粒子法による地すべり津波発生過程の数値シミュレーション
 安藤栄祐  横断歩道における歩行者交通行動シミュレーション
 市川陽一  高精度粒子法による防波堤への津波波力の数値解析

・2010年度(2011年3月修了)
 河野宏明  キャンパス内の歩行者・自転車混在交通シミュレータの開発
 鶴田修己  固液二相乱流モデルによる漂砂の鉛直分級過程の計算力学的検討
 吉年英文  固液二相系弾塑性MPS法の基礎的検討

・2009年度(2010年3月修了)
 大庭啓輔  Lagrange型群集歩行シミュレータを用いた四条通りトランジットモール計画の検討
 堀智恵実  MPS法高速計算のためのGPU導入に関する基礎的研究
 森 貴之  トンネル火災による煙拡散からの群集避難行動シミュレーション

・2008年度(2009年3月修了)
 高橋和秀  狭窄部における群集の将棋倒し過程の計算力学的研究
 溝江敦基  粒子法による遡上津波作用時のエプロン上の漂流物挙動解析
 山本和久  粒子法による河川堤防の越流侵食過程の数値解析

・2007年度(2008年3月修了)
 奥 謙介  MPS法による防波堤前面の消波ブロック移動の数値シミュレーション
 小林雄貴  MPS法による液体貯蔵タンクのスロッシングの数値シミュレーション
 丸山由太  群衆避難シミュレータにおけるプリ・ポストプロセッシング の高度化に関する研究

 

卒業論文(2007年度以降)

・2012年度(2013年3月卒業)
 反保朋也  固液二相系弾塑性粒子法による堤体の浸透破壊解析
 中吉真慈  DEM-MPS法による数値移動床の構築に関する基礎的検討
 山本浩輔  SPS乱流モデル付き高精度粒子法による砕波過程の数値解析
 吉澤友貴  災害時の大阪駅構内の混雑状況のシミュレーション

・2011年度(2012年3月卒業)
 久保田博貴 DEM-MPS法による粒子流の数値シミュレーション
 宮崎智博  歩道における自転車回避挙動のモデル化に関する検討
 吉永健二  土砂流動に対応したMPS法弾塑性モデルの開発
 岩崎修人  解像度可変型MPS法の適用性に関する基礎的検討

・2010年度(2011年3月卒業)
 内屋雅人  四条通り地下通路の群集歩行の数値シミュレーション
 後藤敦志  高精度粒子法の魚道解析への適用性の検討
 野々田浩敏 高精度粒子法による係留浮体シミュレーション
 山形 佑  群集歩行シミュレーションのための自転車モデルの開発

・2009年度(2010年3月卒業)
 新井智之  流体-弾塑性体ハイブリッド粒子法による堤体越流破壊の基礎的検討
 安藤栄祐  群集行動シミュレーションにおける歩行行動モデルの改善
 市川陽一  GPUを用いた高精度粒子法による防波堤前面波浪場の数値解析
 吉藤尚生  3D計算に対応した対話型粒子法プリプロセッサの開発

・2008年度(2009年3月卒業)
 河野宏明  群集避難シミュレータを用いた駅前広場の群集流動予測
 鶴田修己  固液二相乱流モデルによる漂砂の鉛直分級の再現性に関する基礎的検討
 吉年英文  MPS法による流体-地盤連成解析のための弾塑性モデルに関する基礎的検討

・2007年度(2008年3月卒業)
 大庭啓輔  津波避難施設の配置計画のための群衆避難シミュレーション
 森 貴之  津波来襲時の砂浜からの群衆避難行動のシミュレーション
 白石有紀  位相平均モデルにおける計算格子を斜めに横切る波浪の計算精度に関する研究